改良版ワインド

ワインドにちょっとした改良を加えてみた。

作るもの

  • オンスタックルデザインの元祖(?)ワインドをベースとした改良版ワインド
  • 磁石を使ってトレブルフックを固定するため、ワームに針を刺す必要がない
  • 針を刺さなおす必要がないので、ワームの交換が気軽に行える
  • 針でワームが傷つかないので、ワームが長持ち
  • フックを付けたジグヘッドと磁石を付けたワームを準備しておけば、ジグヘッドにワームをセットし、針を磁石にくっつけるだけでセットアップが完了するので手返しが向上する
  • 通常の取り付け方法より、フックにラインが絡みづらくなった (個人の感想)
  • ただし、磁石が余計に必要なのでコストアップ


上: 普通のワインド。針がワームに刺さっている
下: 改良版ワインド。針がワームに刺さっていない

必要なもの

ジグヘッドにトレブルフックを取り付ける

ジグヘッドにトレブルフックを取り付ける。
その際にトレブルフックのアイと同方向のフックが下を向くようにする。
※通常と逆方向

ワームに磁石を取り付ける

ワームをジグヘッドに沿わせ、磁石を取り付ける位置を確認する。
取り付け位置は、トレブルフックで溶接されている部分のできるだけ下の方が安定する。
位置が決まったら磁石を取り付ける。

ワームをジグヘッドへ取り付ける

ワームをジグヘッドへ取り付ける。
磁石とトレブルフックの位置が合っているか確認する。

アシストフックを取り付ける

お好みでアシストフックを取り付ける。

 
 
おしまい!
 
 
ちなみに磁石でくっ付ける方法ならトレブルフックじゃなくともシングルフックやダブルフックも使える。

デカ目のシングルフックをセットして、デカソイなんて良いかも・・・?
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。