ロックフィッシュ PEライン&リーダー おすすめの組み合わせ

LINEで送る
Pocket

ロックフィッシュで使用する PEライン と リーダーライン の、おすすめの組み合わせ。

ロックフィッシュのメインラインにPEラインを使用する場合に必須となるリーダーライン。
根掛りでリーダーがなくなってしまうと結びなおすのが面倒ですよね?
なるべくならリグ側で切れてほしいものです。

リグ側で切るということは、単純に考えると結節強力の関係が、
「メインライン→リーダー結束部 > リーダー→リグ結束部」
となれば、いいわけです。

「メインライン→リーダー結束部」ついては、メインラインとリーダーそれぞれの結節強力の最小値になることに注意してください。
また、「リーダー→リグ結束部」は切れやすいように、あえて結節強力が落ちるノットを選択します。

結節強力については、一般的にPEラインの方が落ちやすいといわれていますので、
リーダーには、PEラインの直線強力より弱いリーダーラインを選択します。

基本的には、リーダーが弱ければ弱いほど、リグ側で切れる確率が高いと考えています。
ただ、あまりにリーダーが細すぎると、魚をかけた後にラインブレークすることが多くなってしまいます。

つまりは、リグ側が高確率で切れる範囲で、できるだけ太いリーダーの組み合わせが、ベストな組み合わせであると言えます。

この組み合わせは直線強力の数値だけでは正直わかりません。(あたりをつけることはできますが・・・)
実際に試してみることが重要です。

以下の表は、実際に私が試してみた結果です。

おすすめ度は「メインライン→リーダー結束部」で切れる組み合わせほど、おすすめ度を高くしています。

  • ◎:ほぼ確実にリグの結束部で切れる。
  • ○:ほとんどの場合、リグの結束部で切れる。
  • △:半分くらい、リグの結束部で切れる。
  • ▲:運が良ければ、リグの結束部で切れる。
  • ×:メインライン-リーダー結束部で切れる。

なお、リグ側の結束は全てダブルクリンチノットを使用しています。

タックル PEライン リーダー ノット おすすめ度
PE 0.4号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.4号

(4本編, 8.8lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 4lb

(フロロカーボン, 5.5lb)
PRノット ○ ※1
PE 0.4号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.4号

(4本編, 8.8lb)
シーガー
プレミアムマックスショックリーダー 1.2号

(フロロカーボン, 6lb)
SFノット ○ ※1
PE 0.4号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.4号

(4本編, 8.8lb)
シーガー
プレミアムマックスショックリーダー 1.5号

(フロロカーボン, 7lb)
PRノット
PE 0.6号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.6号

(4本編, 13.9lb)
シーガー
プレミアムマックスショックリーダー 1.75号

(フロロカーボン, 8.5lb)
PRノット
PE 0.8号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.8号

(4本編, 17.8lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 10lb

(フロロカーボン, 12lb)
PRノット
PE 0.8号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 0.8号

(4本編, 17.8lb)
シーガー
プレミアムマックスショックリーダー 2.5号

(フロロカーボン, 11.5lb)
FGノット
PE 1.0号
スピニング
シマノ
タナトル4 1.0号

(4本編, 20.0lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 12lb

(フロロカーボン, 15lb)
PRノット テスト中
PE 1.2号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 1.2号

(4本編, 22.2lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 12lb

(フロロカーボン, 15lb)
PRノット
PE 1.2号
スピニング
ラパラ
RAPINOVA-X MULTI-GAME 1.2号

(4本編, 22.2lb)
シーガー
プレミアムマックスショックリーダー 3号

(フロロカーボン, 14lb)
FGノット
PE 1.5号
スピニング
シマノ
タナトル4 1.5号

(4本編, 31.7lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 16lb

(フロロカーボン, 18.5lb)
PRノット
PE 1.5号
スピニング
シマノ
タナトル4 1.5号

(4本編, 31.7lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 16lb

(フロロカーボン, 18.5lb)
FGノット
PE 2.0号
ベイト
バークレイ
Super FireLine 2.0号

(コーティング系, 30lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 16lb

(フロロカーボン, 18.5lb)
PRノット ○ ※2
PE 2.0号
ベイト
バークレイ
Super FireLine 2.0号

(コーティング系, 30lb)
シーガー
R18 フロロリミテッド 20lb

(フロロカーボン, 23.5lb)
PRノット ○ ※2

※1:細糸でPEライン側が痛みやすい。
ノット側に問題がなくとも、高切れとなってしまう場合が多い。

※2:Super FireLine の滑りが良いため、通常のPRノットではすっぽ抜けする。
そのため、すっぽ抜け対策を入れる改変を行っている。

※PRノットは、ラインにテンションがかかるとノット自体が若干伸びるため、余ったリーダーのカット前に一度テンションをかけておき、5mm程度リーダーを残すのがおすすめ。
また、巻き数をなるべく少なくする方がガイド絡みが少ない印象がある。リーダー側の焼きこぶは、ラインが絡まる原因となるため非推奨。
ライン絡みは、フルキャストがしづらいボートロックで問題となる。ショアではあまり気にする必要はない。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。