サケ釣り ウキフカセ用フックを作る

LINEで送る
Pocket

サケ釣り用のフックを作る第二弾。
ウキフカセで使用するフックを試作してみた。

作るもの

  • ウキフカセ用のフック
  • 1.5号のタコベイトに合わせた設計
  • ティンセル付き

必要なもの

ご注意

  • 試作品です。実戦での確認は行っていません。
  • お好みで調整してください。

フックにラインを結ぶ

フックにラインを結ぶ。
結び方はお好みで問題ないが、本結び、地獄結び、ネイルノット、スネルノットと呼ばれる系統が結び目がキレイで好み。

本結びは、フックをタイイングバイスにセットして作業するとやりやすい。

結び目をある程度に締め込み、ちもとに移動させ、もう一度締め込めば完成。

ウキゴムをカット

ウキゴムを12mmくらいにカットする。

ウキゴムをラインに通す

ウキゴムをラインに通す。

ウキゴムを結び目にかぶせる

結び目に瞬間接着剤を塗り、ウキゴムをかぶせる。

※2~3秒で固まってしまうのでスピード勝負

ティンセルをカット

両面テープ付きティンセルを18mmでカットする。

ティンセルを撒く

ウキゴムにティンセルを撒く。

熱収縮チューブをカット

熱収縮チューブを12mmの長さにカットする

熱収縮チューブをかぶせる

熱収縮チューブを、ティンセルを貼り付けた部分にかぶせる。

※4mmの熱収縮チューブの場合、経のサイズがギリギリであった。かぶせづらい場合は、チューブを少し広げてからかぶせるとやりやすい。

熱収縮チューブを縮める

熱収縮チューブを縮める。

今回は熱湯で縮めたが、その影響により乾燥するとティンセルが丸まってしまった。
水に濡れると真っ直ぐになるため実害はないと思われるが、
気になる場合は他の方法で行うか、熱収縮チューブをかぶせるのを諦める。

ガン玉を取り付ける

ガン玉を取り付ける。
力を入れすぎて、ラインを傷つけないよう注意。

タコベイトをかぶせる

タコベイトをかぶせる。
このとき、タコベイトの頭の部分にガン玉が格納されるようする。

ウキ止めを通す

ガン玉によって、タコベイトはある程度固定された状態になるが、念のためウキ止めで補強する。

スナップを取り付ける

取り付けや交換を容易とするため、ラインの端にスナップを取り付ける。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。