雨&吹雪なロックフィッシング

LINEで送る
Pocket

天気予報で、雪が降ってもちらつく程度。と
言っていた気がしたので積丹方面へ行ってきた。

日中

雪は融け晴れ間も見える天候となり、余市から出足平峠を越えるのも問題なさそう。
ということで、古平までやってきた。

外防波堤はイカ釣りで混み込み。
途中の突端付近に車を止めて、イカの人はいない先端まで歩いて行った。

で、9ft弱のロッドに1ozのシンカーで船道に向けてキャスト。
何度かキャストを繰り返すと、たまにアタリがある。だが、フッキングせず。
アタリの感じでは、子ガヤ や 子アブといったところか。

そのうちに雨が降ってきた。
ちょうど日没頃には強くなってきたので、
雪に変わる前に峠は越えたいと、さっさと片づけて終了。

日没後

古平から小樽方面へ移動。
沖村トンネルを出たあたりから雪に変わり、
豊浜トンネル~滝の澗トンネルは軽く積雪になっていた。
出足平峠は言わずもがな。
塩谷を過ぎると吹雪が強くなり、オタモイにはフロントバンパーと横になった車が落ちていた。

こんな状況なのだから帰ればいいのに、ボウズで帰るわけには行かないっ!
ということで、小樽港にやってきた。

幸いなことにして、雪は止み、ほぼ無風。
これならシンカーが軽くても釣りになるとULロッドを用意。

で、1/8ozをセットしてフルキャスト(と言っても、ちょっとしか飛ばない)。
沖側のケーソン・ブロック周りから攻める。
が、反応が薄い・・・ガヤのイタズラすらない。
ただ、方向を変えてしつこく狙っていると反応がでて、なんとかガヤゲット!

その後、ガヤを何匹か追加するが、
どうも岸近くの方が反応が良い様子。

そうしているうちに、天候はみぞれに変わり段々と強くなってきた。
顔や手が冷たくなってきたので、ランガンしながら車に戻ることにする。
反応が良かった岸近くを中心に、広く浅く探っていった。

小樽港では、お久しぶり?のマゾイ
30cmくらい
ちょいちょい釣れるシマゾイ

みたいなものを釣って本日の釣り終了。
全部で2桁いったくらいかな?

あとがき

途中、厩町岸壁を見てきたが子ニシンが釣れていた。
もっとサイズがよければ、またニシン釣りも行きたい。

帰りの高速道路はもちろん50km/h規制。
張碓付近は、ハンドルの舵角と車の向きが一致してせず滑っていた。
手稲山付近を過ぎると、だいぶ走りやすくなったが、そろそろ釣り堀生活かもしれない。


本日の天候

天気 : 晴れ のち 雨 のち みぞれ
水温 : 9.5℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 14.6 (大潮)

本日の使用タックル

タックルセット

タックルセット

画像なし
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。