石狩湾新港 島防波堤(沖防波堤)に行ってきた!が、強風で釣りにならず。

LINEで送る
Pocket

今日は小樽のボートロックを予定していたのだけど、風が強いとのことで中止。
ダメ元で苫小牧のほうにも電話してみるが、やっぱり出ていなかった。
さて、どうしようか?イカでも狙ってみようかと考えていたら、新港の沖堤が思い浮かんだ。

すぐに渡船をやっているLittlebayに電話してみると、風が強い予報だから判断は集合時間になるけど
それでも良ければ・・・ということで、とりあえず新港に向かう。

で、現地に着くと出るとのこと。
ということで初めての石狩湾新港 沖堤釣行となった。

今回、渡ったのは東外防波堤の延長線上にある島防波堤。
本当は長く伸びる北防波堤がいいのだけど、船長判断なのでやむを得ない。

日中

到着後、とりあえず水深がありそうな先端部を目指すが、風が非常に強い・・・
いやな予感しかしない。
で、まずはいつもの地形調査。が、風が強すぎて非常に底が取りづらい。
スピニングタックルの最初のシンカーは14gを選択し、
着底までの時間から考えると重すぎるくらいのはずなのだが
ラインが風で流されて、地形がさっぱりわからない。
しょうがないので、壁際狙いに切り替えた。

で、すぐにマゾイをゲット!
次にアブラコを釣り、クロガシラも釣る。
マゾイ
30cmくらいのマゾイ。結局これが一番型が良かった。

アブラコ
とりあえず30upだけど、沖堤としては物足りない。

クロガシラ
25cmくらいのクロガシラ。このサイズのカレイが釣れるとは(笑)

その後、風向き的になんとかやれる方向にキャストをかけて、
狙っていくがアタリはあるもののフッキングには失敗した。

日没後

あいかわらず風は止まない。シンカーは21gになっているが底がとれないのは変わらず。
ベイトタックルで2ozくらいを使えばなんとかなったかもしれないが、
こんな状況になるとは思わず、そんなものは持ってきていない。

しょうがないので、引き続き壁際狙いで進めるが、
20cmくらいのマゾイがたまに釣れてくるくらい。
マゾイ

最後の方でアブラコを追加し、今日の最大サイズとなる40cmのアブラコを釣って沖堤釣行は終了した。
アブラコ
30cmくらいだけどよくひいた。

アブラコ
40cmのアブラコ。細い・・・

ということで、初めての新港 沖堤は風が強すぎて釣りにならなかった。
ボートロックの船がでないのには、それなりの理由がある。そういう教訓だね。

来週からは、苫小牧ボートロックを本格始動!(の予定)


本日の天候

天気 : 曇り
月齢 : 16.6(中潮)

本日の使用タックル

画像なし

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。