激濁り!苫小牧ボートロック

LINEで送る
Pocket

今週も苫小牧ボートロック。
真っ昼間からドンコ天国になっていた。

お世話になったのは、今日もタマリスク

地図:苫小牧東港

今日も、最初から最後まで東防波堤。

日中

うねりは舳先に立っていることは出来るくらい、風は顔にあたると冷たいが、シンカーを少し重くするくらいで何とかなる感じで天候としては悪くない。
ただ、昨日までの雨と波浪で、濁りが結構ある。底荒れも心配なところ。

いつも通りに壁際から釣り開始。
底荒れしているだろうとの予想から、ブロックの隙間を重点的に狙う。
で、小さいアタリで、本日1本目。

カジカの卵を食っていた。

次に釣れてきたのはドンコ!
真昼間からドンコが釣れてくるなんて、相当濁りが酷いんじゃ・・・

で、しばらくしてケーソンの上でもアタリが出始めた。
魚は外にもいる様子。濁りは酷そうだけど思ったほど底荒れはしていない?

かかりどころが悪くて晩御飯

その後も1段目~1つ目のスリットの反応は悪くない。
ポツポツ釣れ続け、大型が壁に張り付いても居た(惜しくもフックアウト)

日没後

暗くなったらソイタイム・・・と今日はならない。
タイラバでも、それほど釣れていない様子で、
白系のシャッドが唯一反応が良さそうな感じ。

自分はというと、日中と同じやり方で底をネチネチ。
ソイの反応は少ないが、アブラコを2本追加。

あとがき

アブラコは9本と二桁に届かず。
ソイはそれ以下。
ドンコ多数。
ガヤは大量(笑)

やはり濁りが問題か。
日中は陰を作った方が認知されやすいはずと、シルエットが出やすい色で、
これはまぁまぁ当たった気がする。

夜間のソイの攻略法は結局わからなかった。
底ネチネチで釣れてこなかったことを考えると恐らくは浮いていた。
ただ、いろいろとスイミングさせても反応はなかった。
白系は試していなかったのだが、濁りと同調するのが逆に良かったのかもしれない。

結論!わからん!


本日の天候

天気 : 晴れ
水温 : 13.4℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 23.3 (小潮)

本日の使用タックル

タックルセット

タックルセット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。