苫小牧ボートロック!台風の影響あり?(続ガヤ地獄)

LINEで送る
Pocket

昨日、台風が通過したばかり。
という、なんとも微妙な天気ではあるが、
出航するということで、苫小牧に行ってきた。

今週もタマリスクに乗船。

序盤

台風の影響がどうなのか?というところではあるが、まぁいつも通りに釣り開始。










ガヤ以外釣れませんっ!(>_<)
 
船長がいろいろと場所を変えてくれるが状況は変わらず。
直接的には、うねりが当たらない場所でも反応がない。

魚はいったいどこへ?

中盤

開始1時間超。ケーソンの上でやっと1本目をゲット。
開始1時間超でやっと1本目。35cmくらい

同じ感じでもう一本

40cm弱

ケーソン→ブロック、ブロックの隙間を狙うとガヤばかり。
釣れるのは、やっぱりケーソンの上。

ただ、数は多くない。
しばらくやってドラグを鳴らす良いサイズが釣れた。

45cmくらい

ケーソンの上で釣れるのは、ある意味いつものパターン・・・ではあるが、それ以外が全然ダメ。
ブロックの隙間にもう少し居ても良いように思うのだけどね・・・(船尾側はブロックの隙間でも釣れていたっぽい)

以降も同じ感じで何本か。

40cm弱

45cmくらい

終盤

場所を移動。

先ほどまでと同じ感じで何本か追加する。
ただ、さっきの場所とは堤防裏側へのうねりの当たり方が違うためなのか、
狙った場所から若干(1mくらい)のオフセットをかけるのが良かった。

で、船が堤防から離れたので足下のブロックの隙間を狙ってみたら釣れちゃった本日の最大サイズ(笑)
やっぱり少し深場は型が良い(?)

本日最大48cm

そして暗くなってからはクロソイが好調。
最初、ワインドで狙ってみるが、ダートよりはフォールに反応が良い。特に着底直前。
ということで、フォールをメインに狙い一時的に入れ食いに。
その後、見切られたのか反応が薄くなり本日は終了。

あとがき

アブラコ×12本。なんとか2桁に乗せられた。
今日はというか今までそうだが、”ここなら居るだろう”という場所にリグが上手く入ると結構な確率で釣れる。しかも良型が。
“上手く入る”の理想は誤差5~10cm以内で、そのために何度も投げ直しを行い余計な時間がかかっているのが難点。
キャスト精度の向上が課題・・・

で、暗くなってからのソイ入れ食い。
この部分はすでに秋だねぇ。


本日の天候

天気 : 曇り
水温 : 20.8℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 29.0 (大潮)

本日の使用タックル

タックルセット


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。