函館沖堤釣行

LINEで送る
Pocket

道南の釣具店インパクトのイベントに参加して函館港 西防波堤(赤堤、沖防波堤)へ行ってきた。

日中

赤堤に上がるのは実に高校生の時以来○十年ぶり。
その当時は何度か上がったことがあるが、
あまりにもしばらくぶりすぎて地形なんて覚えてはいない。
唯一、ドッグ側の浅いところでアブラコを釣った記憶がある。

なので、まずはその記憶を頼りに同じあたりを狙ってみるが、
なんだかいまいちかみ合っていないとというか、やっぱり当てにはならなかった(笑)
昔の記憶はリセットしていつも通りに探ることにする。

で、反応といった反応はほとんどない。
ガヤの反応すらなく困ったもので、魚のやる気がないのだろうか。

しばらくなにも釣れない状況が続き、やっと反応が出だしたのは日没とほぼ同時刻。
外側のブロックの段差?をリフト&フォールで探ると、アブラコのいい反応が出だした。
ただ、反応はいいが食いが浅い。
なんとかかけられたアブラコは2本だけだった。

35cmくらい

35cmくらい

日没後

暗くなるとともにソイ類の反応が良くなる。
まずは、マゾイを立て続けに釣る。

パターンとしては、日中に引き続き外側でリフト&フォール。
ホッグ系のワームに反応がいいようだ。

同じ感じで探っていると、かなり手前で小さなアタリ。
ただ、合わせてみるとなかなかの重量感。
海面まで上げるとぶっこ抜きは無理そうだったので、タモのある場所まで戻りランディング。

40upのクロソイでした。

42~3cmくらい

ただ、まぁ時期が悪いというか、
小樽で50upをあまりに見慣れてしまってしまい
あまり大きいとは感じられない・・・

時期が違ったら感じ方も違うんだけどねぇ(笑)

同じパターンで良型のハチガラもゲット。

ここからはハチガラ&マゾイ天国が始まる。

良型!20cm後半

ハチガラとマゾイがやたらと釣れる日で、クロソイは40upの1本のみ。ガヤもなし。
なんだかレアキャラ天国になっているなぁ(笑)

あとがき

良型のクロソイが釣れて楽しかった。
これで渡船料が2000円なのだから石狩湾新港の沖堤よりコスパが高い(笑)

ただ、この渡船料は高校生の頃の別な船が渡しをやっていた金額と全く変わっていない。
物価上昇を考えると、もうちょっと値上げしても良さそうなものだけど・・・
まぁ安い分には気軽に行けてありがたいことではあるが・・・


本日の天候

天気 : 晴れ
水温 : 7.9℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 23.8 (長潮)

本日の使用タックル

画像なし
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。