室蘭オカッパリ&ボートロック

LINEで送る
Pocket

苫小牧ボートロックを終えて、そのまま室蘭へ向かい車中泊。
朝まずめを狙いつつ、午後からボートロックをやってきた。

朝まずめオカッパリロック

3時半に起床。
準備をして絵鞆漁港へ向かい、日の出と同じくして釣り開始。

少々沖目を狙って遠投。

で、魚信はある。でも掛からない。
ガヤっぽい魚信もあるのだけど、違うものも混じってる。

なんだろう?

と、続けていると何かが掛かった。

揚がってきたのはシマゾイ。

その後も、日が上がったというのにバシバシアタってくる。

シマゾイも嬉しいのだけど、狙いはアブラコ!

アブラコは反応なし・・・

なので、追直漁港へ移動。

が、こっちは魚信もなし(苦笑)

というか、海藻が多すぎで釣りにならん~!

オカッパリ終了。午後まで仮眠(笑)

ボートロック 序盤

室蘭はいい天気~なのだが、風が出てきた・・・
午前中の風なら磯へ行けそうに思えたのだが、この風なので残念(?)ながら最初から港内となった。

ただ、多少の悪条件ならどうにかなるのが室蘭のいいところで、
恐らくは北西~南西風が弱いと思われるが、それでも7~8箇所はできそうな場所が思い浮かぶ。
今日のような東よりの風であればテトラ帯を広く探れるので、まぁ悪くない。

そんなわけで、最初のポイントもテトラ帯から。
さて、お魚は居るかな?・・・

で、ガヤがいる・・・
それに朝に感じた既視感のある魚信・・・シマゾイ。

アブラコが居ない・・・?

しばらく流して反応がないので場所を移動。

今度はケーソンが入ってる場所。
ここで反応を見つけて、1本目。

45cmくらい

また、移動してテトラ帯。

全く釣れないわけではないけど反応が悪い。

45cmくらい

ここまで魚が居ないということはないと思うので、居るけど喰わないパターンか。
さっきからすごく濁りが気になっていたが、これも原因かもしれない。。。

中盤

中盤になってもやる気なしは変わらず。

ここまで、底をズルズル引きづったほうがアタるように思われた。
ベタ底で濃い色系のワームが良さそうなのだけど、黒のソリッドなんてものは今日は持っていない。

なので、定番の赤パルを使い続け・・・
たまにソリッドではない濃い色系を試し・・・

なんとか50upも釣れて、とりあえず釣果としては満足(笑)

45vmくらい

52cm!

終盤

少し活性が上がってきたような気がするので、底ズルズルからストップ&ゴーへ変更する。

で、それを続けていると着底と共にコンツという小さな魚信。
とりあえず合わせてみると重い。
一瞬、根掛かり?とも思うが、動きがあるので魚っぽい。

この引きの感じは、、、ヒ・ラ・メ!?

引きから言って確実にそれっぽい。しかも前回釣ったもの(60cm)よりもデカい!

これは確実に取りたいと、ゆっくりと巻き上げ・・・

リーダーが入り・・・

残り3m!

というところで、突然ヒラメが本気を出し、あえなくフックアウト(涙)

うっすら姿が見えた気がしたのだけど・・・残念!

太めのラインだったので、ドラグもキツめにしていたのが敗因かなぁ。

まぁ、気を取り直して再度狙う。
頭はヒラメモードになってしまったので、さっきと全く同じ狙い方(笑)

で、平たいヤツの魚信キター!

さっきより小さいけど、平たいヤツだろ。これは?

と、揚がってきたのは・・・

平たいヤツっ!

ある意味ヒラメより嬉しいヤツ!そして美味いヤツ!

なのだけど、残念ながらリリースサイズ(笑)
(ヒラメもマツカワも35cm未満はリリースしなければならないルールです)

2枚目のヒラメ!などと、そう上手くはいきませんな(笑)

最後に、最初に狙ったテトラ帯を再度攻める。
で、時合いなのか今度は反応がある。

パタパタと何本か釣って。

今日は終了。

あとがき

アブラコ16本。渋いながらも苫小牧を上回った。

さすが室蘭!と言うところかもしれないが、時間あたりで考えると
苫小牧 → 14本 / 4時間30分 (強風のため早上がり) = 3.11本/時
室蘭 → 16本 / 6時間45分 (サービスで延長含む) = 2.37本/時
となり、実は苫小牧の方が釣れ具合はいい(笑)

というか、今日の渋さには全然対応できなかった。

確実に居るだろうということはわかっているので、
居るけど喰わないパターンなんだよねぇ。

テトラの穴の中を狙えれば確率は高くなるのだろうけど、
室蘭港内のテトラは入れたら根掛かりコースなので、
苫小牧のように気軽には攻められない。

なにか対策を考えてみよう・・・


本日の天候

天気 : 晴れ
水温 : 15.9℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 29.4 (大潮)

本日の使用タックル

タックルセット

画像なし


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。