ロックフィッシュ用オリジナルノット

LINEで送る
Pocket

ロックフィッシュで使っているPEラインとリーダーを結束するオリジナルノットのご紹介

作るもの

  • ロックフィッシュで使っているPEラインとリーダーを結束するオリジナルノット

特徴

  • 往復しないPRノット + ネイルノット(FGゴーストノットの要素) + オリジナル要素の組み合わせたノット
  • ロングリーダー(5m)での使用を想定
  • 根掛かりを外す際に、リグ側で切れる確率が高い結局強度を確保
  • ガイド通りがよい細身の結び目
  • 結束部がガイドに絡む確率が、通常のPEノットより低い(と思われる)

必要なもの

リーダーにメインラインを巻き付ける

往復しないPRノットと同じ方法で、リーダーにメインラインを巻き付ける。

往復しないPRノットの作り方はこちら。

往復しないPRノットの利点は、ノット自体が伸びづらいこと。
動画内でも解説されているが、往復させる方法ではテンションをかけるとノットが伸びる。
前々から、それがすっぽ抜けに繋がることがあることが気になっていたが、この方法は伸びづらいためすっぽ抜けが発生しにくい。
また、テンションをかけた際に密に巻いた状態が保たれるため見た目が良いのもポイント。
巻き付ける長さはケースバイケースであるためお好みだが、通常のPRノットより長めとすること(1.5~2.0倍くらい)

※この方法は、メインラインが細いとやりづらい(概ね0.6号以下)。その場合は往路を少しだけ巻き付けたPRノットにすると良い。

縫い針に巻き付ける その1

巻き付けた部分に縫い針を沿わせ、メインライン(本線)とリーダーライン(端)と縫い針を、まとめるようにメインライン(端)を3回巻き付ける。

巻き付けすぎるとノットを締め込めなくなるので注意。
細糸ほど巻き付け回数を増やし、太糸ほど巻き付け回数を減らす。
メインラインがPE1.5号の場合は、3回。

縫い針に巻き付ける その2

リーダーライン(端)を上にそらし、メインライン(本線)と縫い針を、まとめるようにメインライン(端)を4回巻き付ける。

メインラインを針穴に通す

メインライン(端)を針穴に通す。

針を抜く

針を抜いて、メインライン(端)を縫い針と一緒に巻き付けた部分の内部に通す。

締め込む

メインライン(端)を引っ張り締め込む。

締め込み部はあらかじめ濡らしておくこと。
また、リーダーライン(端)と、輪になった部分にも軽くテンションをかけながら行うと上手くいく。

写真ではわかりづらいが、このときのポイントはリーダーが斜め上を向くこと。
「縫い針に巻き付ける その1」と「縫い針に巻き付ける その2」の間からリーダーラインが出ることによって、メインライン(本線)とリーダーラインとの角度がズレ、メインライン(本線)の保護に役立つ。(かもしれない?)

メインライン(端)の処理

PEラインがほどけることを防止するため、メインライン(端)を玉結びする。
玉結びは、できるだけノットに近づける。

玉結びの輪にした部分に縫い針を差し込み、針が刺さった状態の玉結びを作る。
その状態のまま針をノットに近づけると、ノットの近くに玉結びを作りやすい。

ラインの端をカット

メインライン(端)を5mmくらい、リーダーライン(端)を8mmくらい残してカットする。

ラインの端に焼きコブを作る。

念のためメインライン(端)に焼きコブを作る。

リーダーライン(端)に焼きコブは作らない。その代わり少し長めに残す。

リーダーライン(端)に焼きコブを作ると、ロングリーダーではキャスト時にPEラインがコブに絡んでトラブルとなる。
そのため、焼きコブは作らない代わりに端を少し長めに残すことによって、すっぽ抜け防止の保険とする。

完成

以上で、完成っ!

このノットでは、ハーフヒッチ、エンドノットの代わりに
縫い針で巻き付けた部分(ネイルノット的なところ)で処理している。

ハーフヒッチ、エンドノットで処理するとと結構ゴテゴテしてしまうが、この方法は大変スマート。

また、この方法ではリーダーとメインラインを引っ張っての締め込みはしていない。
締め込みはメインライン(端)を引っ張る締め込みだけである。
伸びづらいということもあるが、リーダーライン(端)を少し長めに残しておけば、多少伸びても問題ない。
それよりも締め込むことによって、余計なダメージを与える方が気になる。

この方法は、去年のボートロック終盤戦から使用しているが、通常のPRノットと比べて、強度的には問題がなく、ライントラブルは減ったので満足している。

なお、縫い針を使う部分は、PEラインをループ上にしたものでも代用が可能である。
ただ、きちんと巻き付けた状態では縫い針の方が通しやすいので、緊急用と考えた方がよい。

おわりに

このノットに名前はまだない。

「往復しないPRゴーストノット(改)」・・・?

長いしカッコ悪いなぁ(笑)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。