ノットアシストツール

LINEで送る
Pocket

自分は基本的にPEラインを使う。ロックフィッシュから管釣りトラウトも。
フロロやナイロンも使うけど、テトラの穴などPEではどうしても攻めづらい場所や、
ラインシステムを組むのに時間がもったいないときなど、あくまでサブ的位置づけ。

なので、リーダーの結束が必須なのだけど、
昔は電車結びやビミニツイスト+オルブライトノットをやっていたけど、最近は摩擦系を使う。
そんなわけで、摩擦系のノット作成で使っているアシストツールのご紹介

  • ハピソン スピードコントロール機能付ラインツイスター
    リーダーへのライン巻き付けを電動化してくれるツール。
    メーカー指定の手順とは異なるけど、SFノットの巻き付けが簡単にできるので使用している。
    ただ、巻き付け時にリーダー側のラインスプールを垂らしておく必要があるので、場所とリーダーをちょっと選ぶ
    SFノットなのですっぽ抜けは少ない。(使っていて、すっぽ抜けことは無い。)
  • ファジー 村越正海の「かんたんリーダー結び」(PRノット)
    最強摩擦系ノットといわれるPRノット。家でラインシステムを組むときはこれ。
    結束強度は抜群だが、結ぶのに時間がかかるのが難点。
    あと、ガイド径が小さい場合は、フルキャストを繰り返すと擦れて、ほどけて、すっぽ抜ける。
    結束部をガイド外に出すか、半日使ったら必ず結束部をチェック。
  • ファジー 村越正海・大野等のLTノッター(LTノット)
    簡単・ハーフヒッチ不要ということで使ってみたけど、完成まで結構手順が多くて簡単ではない。
    あと、気をつけないと締め込みのところで失敗することがある。
    ツールが小さいので携帯性は良い。
    すっぽ抜けは謳い文句通り、今のところはしていない。
  • 第一精工 ノットアシスト 2.0(FGノット)
    船上でも、FGノットくらいは使えるようにと最近買ってみた。
    先週の釣行で、船上での手組は辛いのが身にしみたので。
    まだ、船上では使っていないのだけど、
    家で使ってみた感じでは、編み込みがびっくりするぐらい凄く楽。
    これなら揺れる船上でも十分使えるそう。

ハピソン スピードコントロール機能付きラインツイスター
商品をナチュラムで確認する

ファジー 村越正海の「かんたんリーダー結び」
商品をナチュラムで確認する

ファジー 村越正海・大野等のLTノッター
商品をナチュラムで確認する

第一精工 ノットアシスト 2.0
商品をナチュラムで確認する
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。