小樽港 南防波堤でカレイ&ロック

LINEで送る
Pocket

荒れる天気予報だったので今週は諦めていたのだけど思ったより天気がよさそう。
ということで、小樽港 南防波堤へ行ってきた。風も強くて寒かったけど。

現地には2時半頃に到着。まずは日没までブラーでカレイ釣り。
8gのブラーで開始するが、風が強くて竿先が安定しない。
置き竿にして、ラインスラックを少しだけ出して、
仕掛けが安定するようにするが、水中ではフラフラしていただろう。
で、日没までの3時間粘ってみるがアタリもなしで終了。
去年はそろそろだったのだけど、今年はまだ早いのかな?
一度、暖をとり、暗くなってからロックに切り替え。
風向きの影響で、港内は狙いづらいが外海は反応が薄かったので港内で狙い。
向かい風となる港内側は、7gのシンカーでギリギリ底がとれる状況。
ロッドがあおられてラインが緩むので、アタリは非常にとりづらい。
ただ、以前までのモソっとしたアタリではなく、コンっというわかりやすいアタリが
増えてきたように思う。少しずつ水温が上がってきているのだろう。
2017/03/05:小樽港 南防波堤の子ガヤ 2017/03/05:小樽港 南防波堤の子ゾイ
ガヤは相変わらずの大きさだったけど、やっとソイが見られた。
ラインブレークするくらいの良形もかかった(切れたけど)ので状況は上向きだろう。


本日の使用タックル

タックルセット

タックルセット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。