ボートロック納竿!………?

LINEで送る
Pocket

週末の天気予報を確認したら、波風弱く(しかも東風)気温は高め。
これなら苫小牧で行けるんじゃね?ということで、
先週に引き続きボートロックへ行ってきた。

お世話になったのは、タマリスク

地図:苫小牧東港

序盤

いつもの東港からはちょっと離れ、お久しぶりなポイントへ。

とりあえず前回やった時に魚がいた場所を攻めてみるが、どうも反応が薄い。ガヤも居ない。
魚が少ないと考え、できるだけ広い範囲を探る方法に変更。
で、1本目をゲット。

45cmくらい

その後、少しだけ移動。ここも同じように攻めてみて際でアブラコを一本追加。
ただ、ここはガヤが多かった。アブラコを探す前にガヤが釣れてしまう。

中盤

少し沖合のポイントへ移動。
初めてのポイントで水深もちょっと深めの20m後半。

シンカーは1ozまでの用意で想定外の水深となってしまうため、
落下速度が稼げそうな直リグを組んで投入。

で、着底直後に早速のアタリ!
ただ、小さめのアタリで、とりあえず合わせてみると、根掛かりかと思うほど重さ!
これは良いサイズだ!と巻き始めるも、走られてそのままラインブレイクっ(涙)
使っていたタックルは、小樽で56cmのソイを上げたときと同じものを使っていたわけで、
少なくとも40cm後半はあっただろうに・・・もったない!

気を取りなおしリグを組み直し再投入。
で、またしても着底直後にアタリ。
今度は切られることなく根から引き剥がすことができた。

43cm

初めてきたポイントだが、根掛りは少なく快適。
根の高さとしては50cmくらい、高くても1mくらいかな?
砂っぽい感触があり、反応が全くない場所もあった。
3~5mくらいの間隔で背の低いバラ根が点在という感じがするが、どうなのだろうか。

アブラコ、ソイ、ガヤ、ソウハチガレイ(笑)を追加して終了。
ここは面白い。また来たい。

終盤

暗くなり、いつもの東港へ。

風が強くなり、船の流れも速い。
どうにもこうにもやり辛く、しばらく釣れない時間が続く(自分だけ)

周りは釣れているので、手を変え、品を変え、たどり着いたのが、
重いシンカー(1oz)で、べた底をリフト&フォール または 船の流れを利用してズル引き。
これで、少しずつ釣れ始め、1~2キャスト1ヒットくらいまで持って行けた。

釣れるのは、ガヤがメインでたまにソイが混じる程度ではあるが、
そのガヤのサイズがいい。20cm後半のものばかり

29cmくらい

少し浅めのラインで、カジカも釣れた。

40cm。晩御飯

最終盤には、ややペースは落ちたが、ポツポツは釣れ続いた。

あとがき

釣果としては、アブラコ×4、ソイ×15くらい?、ガヤ×たくさん、ソウハチ、カジカ。
まずまずかな?

水温が下がってきたせいか、魚の動きは鈍ってきている感じはする。
ただ、水深深めのポイントでは、アブラコが食いあげてきたので、
あの辺はまだ元気がありそうだ。

今年のボートロックは今日でおしまい。

と、言いつつ年末近くに苫小牧東港まで行ったこともあるので、
天候と道路状況がよければ、また行ってしまうかも・・・


本日の天候

天気 : 晴れ ときどき 曇り
水温 : 9.7℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 21.6 (小潮)

本日の使用タックル

タックルセット

タックルセット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。