苫小牧ボートロック、ハイシーズン突入!?

LINEで送る
Pocket

水温も持ち直し先々週と比較して+2℃。(それでも平年値よりは-2℃)
少しは良くなっているか?と2週間ぶりのボートロックへ行ってきた。

今回も毎度おなじみタマリスク

序盤

いつもの浅いラインから探っていき開始15秒でまずは1本目。

その後も浅いラインで釣れ続け、1時間で8本となかなかのペース。

45cm弱。コンディションは良い
47cm。針を飲まれた、キープコース

50cm
ぶっとい

写真を撮らなかった他の魚は30cm台とちょっと小さめ。
壁にはまだ着いておらず、ケーソンの隙間が狙い目といったところ。
ラインをケーソンからブロックへ1段下げ、ブロック上面でなるべくリグを動かないようにしても反応は良かった。
ブロックの穴に入れてしまうとソイ・ガヤの猛攻。こっちも反応が良いと言えば良い。

中盤

船が流れ場所がかわり反応が遠くなった。
ソイ・ガヤ類まで釣れなくなる。

たまに釣れても、やっぱり30cm台とサイズは伸びない。
なんとか5本ほど追加。

終盤

ソイ狙いの場所に移動。

風+潮なのか流れはかなり早い。
相変わらずのアブラコ狙いで底を狙いたいのだが、着底までにポイントがだいぶズレてしまう。
ズレることを計算して限界近くを狙ってはいるが思うところには入らない。

そのうち天も暗くなり、アブラコは諦めてソイ狙いに切り替え。
ワインドを投入してフォールさせると反応が非常に良かった。ただ、なかなか針掛りしない。
次にカーリーテールのシャッドをスイミングさせると、これまた反応が良い。ただ、やっぱり針掛りしない。

アタリは沢山あるのに、なかなか釣れない。
とても、もどかしい時間となってしまった。
なんなんだろう?食いが浅いのか?

あとがき

アブラコ×14本と数はまぁまぁ。
でも、50cm×1、40後半×1で、大半が30cm台とサイズはまだまだといったところ。

これを書いている日(7/3)に確認したところでは、水温も急上昇で一気に平年値に近づいた。
これは来週期待できるかもしれない。(台風が来ているけどね)


本日の天候

天気 : 曇り ときどき 晴れ (濃霧)
水温 : 14.7℃ (気象庁観測値より推定)
月齢 : 16.3 (大潮)

本日の使用タックル

タックルセット

タックルセット


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。