WSD-F20でエクスポートしたKMLが、Googleマイマップへインポートできない。

LINEで送る
Pocket

WSD-F20でエクスポートしたKMLが、いつの間にかGoogleマイマップへインポートできなくなっていたので、その原因と対処法。

発生条件

  • CASIO WSD-F20のアクティビティアプリでエクスポートしたログ(KML)を、Googleマイマップでインポートしようとすると失敗する。

原因

  • Googleマイマップの仕様変更(セキュリティ強化?)により、 httpの外部ファイル(アイコン)が参照できなくなったためと思われる。

対処方法

  1. WSD-F20でエクスポートしたKMLファイルを、Googleドライブからダウンロードする。
  2. ダウンロードしたKMLファイルを、XMLが編集可能なテキストエディタ等で開く。
  3. “http://gpsast.wsd.casio.jp/”を検索し、全て”https://gpsast.wsd.casio.jp/”に置き換える。(HTTPをHTTPSに置き換える)
  4. Googleマイマップで、編集したKMLをインポートする。

カシオには原因と対処方法をレポートしておいたので、
認識が共有できていれば、恐らくアプリに修正を入れてくれるはず・・・
と、期待しておこう。

しかしまぁGoogleも もうちょっとエラーの内容を親切にして欲しい。
世の中の流れ的にHTTPSなので、”もしかして”とすぐに気づけたが、
タイミングが違っていたら、たぶん気づかんわ!

追記

残念なお知らせ。
カシオから返答が来て「スマホのGoogle Earthで開いてね。」だそうです。
説明書だと「スマートフォンの Google Earth などを使ってご覧いただけます。」と書いてあるので燃料投下な気もするが、開発部門には流してくれるようなので、まぁ気長に待ちましょう。

恐らく今回の仕様変更は、ブラウザベースでHTTPSにHTTPコンテンツが紛れることを嫌ったのがだと思うので、アプリベースのGoogle Earthにも同様の制限が入るかは未知数。
ただ、HTTPS化を推し進めているGoogleの傾向からは、アプリでも制限が入る可能性は十分にある。
そうなれば、さすがに直してくれるかなぁ?
ということで、Google 頑張って!(笑)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。