イワシはワームで釣れる!

LINEで送る
Pocket

今日は、ボートロックの予定だったのだけど、
苫小牧方面は南風が強めということで中止となった。
その代わりにどこへ行こうか?と情報収集するも、よさそうな話は何もなし。
ということで、とりあえず積丹方面に向かってみた。

途中の余市漁港で、イカが釣れてないか確認するが、まず人が少ない。
古平港は人が沢山いたけど、イカはちょっとだけ釣れているという感じ。
自分の腕じゃ10杯も確保できないだろうと諦めた。
次に美国漁港にいくと、ここも人が結構いる。
ただ、やっているのはエギじゃなくサビキ。
マイワシメインでサバ少々の入れ食い状態だった。
何か狙いの魚種があったわけではないので、ここから初めて見ることに。

  1. 美国漁港
    美国漁港のマイワシの群れ
    見えづらいが海の中は、この状態。ほぼマイワシと思われる
    いくらでも釣れるので、1時間もかからずに3桁。粘れば4桁を目指すこともできただろう。
    ただ、そんな釣れても食べるのに困るだけ。
    なので、サビキタックルは積んであったものの、ジグヘッド+ワームで挑んでみた。
    アジングならぬイワシング!(?)
    ワームで、イワシが釣れるのか?そもそもイワシって小魚追うのか?
    って感じで始めたのだが、最初にかかってきたのはサバ。
    「やっぱイワシは無理か~」と思っていたら、今度はイワシがかかった。
    その後もバンバン釣れる。ワームでもイワシは釣れる!
    コツとしては、イワシの遊泳方向とワームの進行方向を合わせることのようだ。
    逆方向でもバイトはあるが、なかなかフッキングしない。
    まぁ、ついばむような喰い方をするので当たり前と言えばそうなのだが、
    経験してみて、しかもサイトフィッシングで一連の動きが見えられるのだから勉強になる。
    で、その喰い方をみて、ワームの破片でも釣れるじゃないか?と、
    思い試してみたら、これでも釣れる。
    さらには、ワームなしのジグヘッドのみでも釣れた!
    どうも、エサっぽく見えれば何でもいいらしい(笑)
    なんだかワーム関係なくなってきた(苦笑)
  2. 古平漁港
    イワシングが釣れすぎてしまったので、アブラコでも釣れないかと古平漁港へ。
    が、外防波堤にはエギングの人がずらーっと並び、入れる場所が少ない。
    結局、アブラコは釣れず、日の入り辺りまでで、小さいカジカ・マゾイ・シマゾイが釣れた。
  3. 小樽港 北防波堤
    今週も寄ってみた。が、今週はかなり渋い。
    シマゾイ、クロゾイ、ガヤをちょっと釣って終了。
    今週はシマゾイ率が高かった。
    小樽港 北防波堤の子シマゾイ

本日の天候

天気 : 曇り ときどき 雨
月齢 : 4.6(中潮)


本日の使用タックル

タックルセット

タックルセット

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。